株歴半年間の取引履歴(NISA枠のみ)

2021年8月7日

銘柄株数買付金額売却金額配当
日本たばこ産業5001,097,0001,101,00038,500
国際石油開発帝石10057,50065,0001,200
※赤文字プラス、青文字マイナス

2020年12月から株をはじめましたが、この半年間はNISA枠のみを使っていたので、上記二銘柄のみの取引となりました。
株で得た利益に対して税金で20%も持っていかれるなんてたまったもんじゃないですからね。NISAの非課税を使うに越したことはありません!
なので、上記二銘柄の利益は税引きなしでマルっと口座に入ってきました。

<株の選び方>
株初心者だったので何が良いか悪いかの判断もつかず、とりあえず配当金が高いところと安定していると思った企業を選びました!
配当金目当てで選んだ日本たばこ産業(2914)は1株77円の配当。
国際石油開発帝石(1605※現在は社名が変わりINPEX)については、筆頭株主の中に経済産業大臣と書いてあったのでこれは絶対潰れない優良企業!と考え購入しました。

結果、日本たばこ産業では配当金が多かったため、合計で¥42,500の利益。 国際石油開発帝石では配当金と合わせて¥8,700円の利益となりました。

<企業ニュースのチェックが大事>
どちらもマイナスを出すことなく上々の結果で取引を終えましたが、初取引での失敗は日本たばこ産業での配当金に目がくらんだことです…。
配当金に目がくらみ速攻で約100万円分の株を買いましたが、実は購入後に日本たばこ産業が配当金を下げます!というニュースが発表され、3か月くらいずーーーーっとマイナス状態をキープしていました。
それも500株もあるので、それなりのマイナス金額をキープしていたような…。
焦って損切りせずホールドしていた結果徐々に上がってきたので、利益を出すことが出来ましたが、『買おうと思った企業・気になる業界・日々のニュース』このチェックがいかに大切か…。
そしてTVのニュースはほとんど意味がないことに気付いたので最近は日経新聞を読むようにしています。
新聞なんて…と学生の頃はバカにしてましたが日経新聞の偉大なこと!株初心者は日経新聞を読む習慣を身に着けるといいかもしれませんね♪